合気道とは

「合気道とは植芝盛平道主が難行苦行の結果生み出した武道である。
そしてこれは、大自然と同化し一体化した動きであり、
そこには対立相剋の世界もなく、相手もなく、
ただ自己の気が宇宙の気に合して動くというものであり、
その体的表現が一に合気道として現れ来たものである。」

 

『合気道』(植芝盛平 監修、植芝吉祥丸 著、光和堂)「第二章、合気道とは」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*