中今に生かされている

最近、数人の著者の本の中に共通する内容を見出し、共感するので好んで読んでいます。
その共通する内容というのは、感謝。

人はこの3次元世界に生まれたときに肉体を持って(借りて)出てきます。その肉体はこの人生で初めて与えられるものです。肉体を与えられたことは最初の感謝ではないでしょうか。そしてこの世界のことを学んだり、経験したりするのはやはり肉体を通してです。肉体を与えられた感謝から次の感謝がが生まれてきます。

感謝=喜び、なので、この人生は喜びで満ち溢れているのです。

もし人生に喜びがなく不幸であるのなら、この最初の感謝を忘れているからではないでしょうか。最初の感謝(肉体をもって生まれてきた感謝)を忘れると、どんなによく見えても、それは必ず引っくり返ります。喜びは感謝以外のものからは生まれてこないからです。根源が感謝なのです。

いつも、「中今に生かされている」という感謝を頭に、胸に、腹に銘じて生きていくことです。それは喜びそのものになるのです。
生きていることに、ありがとうございます。

運がつく

今日は午前中で仕事も終わり、いつもならトレーニングかゴルフの練習に行くのだが、
昨日ふくらはぎを痛め走ることができないので、計画を変更し買い物に出かけた。
何冊かの本と、ビールをこぼしてべたべたになってしまったパソコンのキーボードの替わりを買いに。

午前中に汗をかいたので、きれいなシャツに着替え顔を洗い、気持ちよく出かけたのだが、
出発してすぐ、車の窓から何かが降ってきた。
肩に、ペシャ、と音を立てて。

で、でっかい、鳥のフン。。。。。。

シャツ、着替えたばっかりなのに。。。

しかし、待てよ、
先日見たDVD『トスカーナの休日』で、ダイアン・レイン扮する主人公が鳩の糞をひっかけられて、神のお告げ、とか言われて家を手に入れていたな。

運がつく、と解釈できるか(^‐^)

と、その後、肩に運コのシミをつけたまま、いろいろなところで買い物をした。
車の後ろの窓にもその時の他の糞が付いていたが、車にも運を、とそのままにしておいた。。。。

物事、考えようだな♪

☆☆☆☆☆

魂の時代

ここ数日、感謝の気持ちを抱き続けるよいうにしている。

その思考習慣はすぐにいろいろな変化を見せ始めた。
まず、無条件に幸せに感じる。
根拠のない自身がみなぎる。
人が近づいて話しかけてくる。
それも素敵な人ばかりが。

周りにいいことばかりが起きる。
心が開かれる。
魂が高揚する。

幸せとは、自分で起こすものだ。
そのことを皆に伝えたい。

魂の時代が来た。

感謝♪♪♪

サトリ

連休中、仕事がなかったので自分のしたいことをたくさんすることができました。
いろいろな本を読み、いろいろな訓練をし、いろいろな体験をしました。

そこで、気づいたのが、
自分というものはない、ということ。
自分と思っていたのは、心と体と魂のプロセスの一部であるだけだということ。

覚者たちの「悟り」というのが「差取り」なのでは。自分と他に差がないことを知ることなのではないでしょうか。

ますます、生きるということが楽しくなってきました。

ありがとうございます。

柏手をする

手には様々なエネルギーの通り道があります。
ですから身体を活性させるには拍手がとても有効です。

1分間、拍手をしましょう。
最初は手が痛いかもしれません。
痛い時は少しずつ、力を入れていきましょう。

手のひらと体が温まってきます。
慣れてきたら、できるだけ手の力を抜いて行いましょう。
体全体が活性化され、良い波動に満たされるでしょう。

両手を打ち合わせる時の音が、その場の空気を浄化します。
大勢で拍手すればするほど、その場のエネルギーが高まります。

1分間で、心身ともにきれいにしましょう。

 

花の匂いを嗅ぐ

花の季節です。

春から夏にかけて、花が咲く季節です。

花を見つけたら、花の匂いを嗅いでみましょう。
本当にその匂いを感じてみましょう。

花は匂いで何かを語りかけるでしょう。
花は色で何かを語りかけるでしょう。
自分が純粋になればなるほど、その語りかけが理解できるでしょう。

花だけではありません。
自分の心のおしゃべりをやめた途端、あらゆる生命の言葉が聞こえてくるでしょう。

心のおしゃべりをやめ、あらゆる存在の声を聞く。

 

感謝

毎日、寝る前に、感謝する時間をつくりましょう。
その日に経験したことに、出会った人に、使ったものに、自分が行ったことに。。。

自分が生かされている、何かに生かされている、と知れば、
「今、ここで、自分が生かされている」
そのことに気づけば、どんなに感謝の気持ちが生まれてくることでしょう。

周りに人に、出会った人に、自分が所有しているものに、自分が消費しているものに。

「あー、なんて自分は幸せなんだろう」

感謝のこころが自分を広げ、成長させ、周りに良いエネルギーを送り、世界を向上させる。
いつでもどこでも、自分が気づいたときに感謝の念を心に抱き、自分と世界をより良いものにしていきましょう。

感謝=愛

呼吸を意識する

「一体、自分とは何か」と考えた時、人は一般的に自分の体を意識する。
そして、次に、自分の心を意識する。
しかし、ここでは、それからもっと進んで、自分の呼吸が自分だと意識してみよう。
呼吸こそが自分であると思うことが、より真実に近い。

正座やあぐらで、または椅子に座り、背筋をスッと伸ばし姿勢を安定させる。
それから、鼻から呼吸をする。
喉の奥で、子供が寝息の音を立てるように、スースーと音を出す。

それから呼吸だけに意識を向けてみよう。
何かが起こる。
新しい気付きが。

ありがとうございます。

☆☆☆

深呼吸

1分間、深呼吸をしましょう。

こどものころには自然に行っていた、ゆったりとした深い呼吸は、ストレス社会の中で、ほとんど忘れ去られています。

人は1日で、2万回以上呼吸をしています。
現代に生きている私たちは、その2万回の呼吸は、とても浅く短い呼吸になりがちです。

呼吸は一生のうち4億回以上することにもなります。
それは、呼吸のほんの少しの改善で、人生が大きく変わる可能性があるということです。

毎日1分だけでも、深いリラックスした呼吸を行ってみましょう。
それが脳や心に作用して、呼吸とともに心身が健康になってきます。
たった1分で変化が起きてきます。♪♪♪