自撮り棒

自撮り棒を購入しました。
主に運動中の自分の動画や、Youtubeなどに載せる動画を撮るために使います。
以前に一つ持っていたのですが、
*スマホを抑える部分がバネなので緩くて不安定
*ワイヤレスリモコンのスイッチのON,OFFがない
この二つの理由で古いのは手放し、新しいのを探すことにしました。

今回、購入するときの最低条件としては

*軽くて持ち運びに便利
*ある程度頑丈
*自撮り棒としても三脚としても使える
*スマホを強力に固定できる
*ワイヤレスリモコンのスイッチのON,OFFができる

色々と探し回った結果見つけたのは、Youtuberたちが使っていたり、アマゾンでAmazon’s Choiceとして売られているものになりました。

使ってみて良いところは、

*三脚としても使える
*ネジ式固定なのでスマホをしっかり固定できる(固定幅は5.2cm~10.5cm)

ホルダーもネジ固定式なのでしっかり止まる
*ホルダー部分が水平360度、上下120度(一部180度)の回転が可能なので全ての角度で撮影可能
*リモコンスイッチのON,OFFがでる

*リモコンが充電式バッテリーで電池交換がいらない
*スマホを固定する部分を離脱でき、その他のカメラなども設置できる
*伸縮範囲は20cm~100cmなので地面や机上に置いて自由に使える
*全体的な作りが頑丈


とても良いものに出会いました。
買い物はやはり、使い慣れてる人の意見や評判をもとに買うのがいいですね。
また動画など撮りましたら、逐次アップしていきます。


私のお気に入りのアイテムのページはこちら→『アイテム』

さらに小さいショルダーバッグ

私がミニマルな生活(シンプリスト)を目指し始めてから数年がたちますが(ブログはこちら)、様々な出来事や内面の変化なども経験しながら、ますますシンプルさを進めています。

最近、ショルダーバッグが気になり(実は何ヶ月も気になっていながら、何もしなかった)、先週、新しいものを購入しました。

何が気になっていたのかというと、持ち歩くモノに対するショルダーバッグの大きさの問題です。
これまで使っていたショルダーバッグは、2年ほど前にたまたま入ったジーンズショップで購入したもので、茶色地に白と黒でデザインされている小さなバッグでした(下写真)。
(サイズ:高さ:20cm、幅:15cm、マチ:6cm)
IMG_0219 copy

結構使い込んだのでヨレヨレです。
このバッグが大きいすぎるわけ、それは、このバッグに入れて持ち歩いているモノが、

財布
カード入れ

だけだったからなのです。

サイドポケットも大中小3つあり、スマホや鍵、ハンカチやティッシュを入れても、相当なスペースが空いていたので、気になっていたのです。

これに似たようなものでもっと小さいのがないかと、ずっとショップやネット上で探していたのですが、全く見つからず、いいサイズだなと思ったものはすべてウエストポーチで肩紐のないものでした。
それらに肩紐が取り付けられたら最高のサイズだろうな、といつも思っていました。

そこで、先週ようやく見つけて購入したのがこれです。
近所のダイエーの中のバッグショップで見つけました。

IMG_0222 copyFARVIS(ファービス)という無名のブランドで、Amazonでは「FARVIS 携帯ケース ショルダー付ポーチ No.1-882」という名前で売っていました。素材がシープレザーなので、軽く、手触りもよく、黒の光沢も派手ではないので、とても気に入りました。
(サイズ:高さ:15cm、幅:13cm、マチ:4cm)

これに財布とカードケースを入れると、ほぼスペースが無くピチピチになります。
表面に見えるポケットはスマホ用のポケットです。
右側にチャックが見えますが、ハンカチかティッシュが入るくらいのスペースです。

私が外出するときに、持ち歩くモノは大抵以下のものだけです。

IMG_1422 copy

財布・カードケース(バッグへ)
スマホ・鍵(ポケットへ)
イヤホン・時計指輪(イヤホンは普段オーディオブックや音楽を聞くため、指輪は黒い服ばかり着ていて地味なので光りモノを一点つけるためですが、ほとんどしません)(*時計・指輪はもうつけていません)

外出するときに、このバッグをヒョイと肩に掛けると、身軽でミニマルな自分にちょっとした誇りと喜びを感じています。

今回は、小さいバッグをさらに小さく、ミニマルにしたというお話でした。

ありがとうございます。

P.S.
最近もう一つ考えているのが、財布とカードケースを一体にしたいということです。
カードを使う場面では必ず財布を使うので、この二つを一緒にできたらな、と思い始めています。

薄い財布

小さい財布(ブラック)

日々、所有物をミニマル(最小限)にしようと考え、部屋の中のものを減らし続け、ほぼ落ちついてきました。続けていくと、今度はミニマルな量の所有物それ自体がミニマルかどうかを考え始めます。
例えばボールペンは一本にしぼったが、それが4色ボールペンであったとき、それが本当にミニマルな機能であるかどうかを考え始めます。自分が2色しか使わないのなら2色ボールペンに変えることになるでしょう。高機能のデスクトップパソコンを使っていて、普段使用するソフトがメールとgoogleだけだったら、次回買い替えるときは小さなラップトップで十分になるでしょう。
このように、ミニマルな量の物自体がミニマルな機能なのかどうかを判断することになります。
いろいろなものを余計な機能がないものに変えてきましたが、いつも使っている財布が気になり始めてきました。今使っている財布はイタリア製なので、日本製の財布より一回り小さめで札がぴったりと収まり無駄なスペースがなく、とても気に入っていて大事に使っています。もちろん財布にはカード入れがついていますが、この財布とは別にカードケースに財布に入りきらないカードを入れ持ち歩いています。
このカードケースには免許証、保険証、PASMO、図書カード、体育館のカード、その他、ショップのポイントカードなど、20数枚を入れています。

最近、どうしてもこの財布とカードケースを一つにまとめられないか、財布自体ももっとコンパクトにできないか、それをポケットに入れて持ち歩けるようにできないか、と思っていました。

そこで見つけたのが、薄い財布 abrAsus(アブラサス)です。

小さい財布

カードは最小限に使う5枚ほど入ります。無駄なものを持たない買わないことが習慣になると、目的のない行動をしなくなるので持ち歩くカードもほとんど必要がなくなります。免許証とキャッシュカード、PASMO、その他習慣的に使うものだけになります。
小銭も最小限の999円を入れるスペースだけがあります。500円玉一枚、100円玉四枚、50円玉一枚、10円玉四枚、5円玉一枚、1円玉四枚です。支払いのときに、釣り銭が最小限になるように気を使わなければなりませんが、それがまたいいなと感じます。

今まで財布とカードケースの2つを持ち歩くため、小さなバッグに入れ持ち歩いていましたが、この「薄い財布」にすればポケットに入れて持ち歩けるので、さらにミニマルになるでしょう。

他に「小さい財布」というのもあります。こちらもおすすめです。

最近ハマっているノートとペン 続き

 

私が「最近ハマっているノートとペン」ではモレスキンのノートとパーカーのペンを紹介しましたが、その他にお勧めしたいノートとペンあります。

それは、
ロディア WEBNOTEBOOK Landscape 無地 cf118179 ブラック

そして
Palomino Blackwing602
(パロミノ ブラックウィング602

です。

ノートのほうは、実はスケッチに使っています。
なぜスケッチをするノートを持つのかというのは、単純に「脳に良い」という理由からです。
受験や英語の学習指導ばかりしていると、頭が固くなって理屈っぽくなるので、その予防にと選んだのがスケッチです。
対象を純粋に観察するには、頭を真っ白にしなければならないので、頭を空にするトレーニングとして行っています。
皆さんの中で、自分は最近頭が固くなってきたと思っている方がいましたら、ぜひ無心でスケッチをしてみてください。

さて、スケッチ用のノートもモレスキンにしようと思ったのですが、ユビキタスキャプチャーでモレスキンを使っているので、同じ種類のノートでは見分けがつかなくなるので、それとは異なったものを使おうと探しました。そこで出会ったのが、
ロディアの 『ウェブノート・ランドスケープ(A5)
ロディア の『ウェブノート・ランドスケープ(A6)』です。

モレスキンのカバーよりも手触りがよく、フカフカの感触が気持ちを落ち着かせてくれます。
私は大小のサイズ両方とも使っています。色は黒。

 

20130128_pc01

 

このノートはどんなペンでも書き心地は良いですが、私はスケッチをするので鉛筆を使っています。

鉛筆もいろいろ試してみて、こだわってみましたが、はっきり言ってたいした違いはありませんでした。
B程度の濃さがちょうど良かったので、こだわりついでに『パロミノ ブラックウィング 鉛筆602』を使うことにしました。

自分がワクワクするものに囲まれているのは精神衛生上とても良いことです。

何かを選ぶときには、理屈ではなく、

「理由は分からないけど、なんとなく好きだ」

という感覚で選ぶのが一番良いでしょう。
それが本当に自分に合ったモノなのです。

ドキドキ、ワクワク、そして日々使っているものに対する感謝を持っていたいですね。

ありがとうございます。

 

最近ハマっているノートとペン

今回は、私がいろいろ試してみて行きついたペンとノートを紹介します。

モレスキンのノート

まず最初に紹介するのは、このモレスキンのノートです。モレスキンのサイト(http://www.moleskine.co.jp/)

MOLESKINE ソフトカバー プレーンノートブック・無地・ラージ 

私はこのノートをメモやアイディア、読書ノートや備忘録、頭に浮かんだことややるべきことなど、自分に関するすべてのことを記録するために使っています。
ubiquitous capture(ユビキタス・キャプチャー、全ての場所で全てのことを記録するという考え方から)を行っています。
私は表紙の手触りが好きでソフトカバーを使用していますが、立ったままノートを取る人にはハードカバーのほうが、カバーが下敷きとなって使いやすいでしょう。

モレスキン ノート クラシック ハード 無地 ラージ QP062 黒

そして、軽装で出かけるときにはこちらの小さいサイズを持ち歩いています。

ソフトカバー

ハードカバー

モレスキンのノートの良いところは、その形と紙の色、そして様々なオリジナリティが出せるノートだということです。
モレスキンのファンサイトも充実しています。

ペン

このモレスキンのノートに使っているペンは、いろいろ試してきましたが、パーカーが一番良かったです。
PARKER アーバン・プレミアム パールメタルCT ボールペン S1134313です。


この他にも、様々なデザインがあります。

このパーカーのボールペンのインクは、紙によくなじみ、インクのサラサラ感もちょうど良く、ペン先にインクが溜まることもありません。
Quink flowというインクになってからさらに良くなった感があります。

付属インクは中字ですが、私は細字の方が使いやすいのでこちらを別に購入して使っています。
PARKER ボールペン 替芯 リフィル ブラック (細字) 164312

このノートとペンの組み合わせにしてから、何も気にすることなく書き続けられるようになりました。

ニーモシネ

ブレイン・ストーミング用のノートとして使っているのがマルマン A4 ノート ニーモシネ 無地 N181 ブラックです。

このノートはマインドマップで使用していています。

これはその他の用途でも使いやすく、理科系の勉強やビジネス用にも適していると思います。
ただし、この用途には罫線入りのほうが何かと便利です。マルマン A5 ノート ニーモシネ 5ミリ方眼罫 N182 ブラック

このノートには太く大きな文字で書きたいので、以前はウォーターマンの万年筆を使っていました。
しかし、万年筆だと、インクが滲んだり、インクが手に付いたり、インクを交換したりと、煩わしいことが多かったのですが、最近万年筆に変わるとてもいいペンを見つけました。

これです。

PARKER アーバン プレミアム エボニーメタルCT 5th S09759300

これは書き心地抜群です。
(Made in Japanのノートには)滲みもムラもなく、太い文字で滑らかに書けます。
万年筆でもなくボールペンでもない「5th アーバンプレミアム」のすごいところは、使っていくうちにペン先が自分の筆記角度にあった形状になじんでくるというところです。
自分仕様に変化するペンは、書くこと自体が楽しくなります。

* 他に、デッサンに使っているノートやペンがありますが、それはまた後ほど紹介します。

皆さんも時々、少々のこだわりを持って文房具を選び、自分が大好きな文房具を使ってみてはどうでしょうか。
本当に大好きでワクワクするモノだけを使っていると、日々の生活が潤うのではないでしょうか。

ありがとうございます。

ノートブックスタンド

シンプルライフの実践のためパソコンを全て処分し、新しくMacbook Pro1台にしたのですが、ひとつ問題が発生しました。

ノートパソコンなので視線がかなり下になり文字も小さいため、姿勢が前屈みになりがちで腰を痛める要因になるということです。

以前は、デスクではデスクトップ、外ではノートブックと使い分けていたので問題はありませんでした。再びデスクではデスクトップ,外ではノートブックにしようかと考えましたが、シンプリストとしてそうはいきません。解決策を探った結果、こういうものを見つけました。

ノートブックスタンド、Rain Design mStand RDMSTND
このようになりました。

ノートブックスタンドはいくつか販売されていますが、これが一番だと思います。

これでようやく、姿勢も崩れることなく作業ができ、目も疲れなくなりました。
もちろんデスクトップを購入する必要もなくなりました。

見た目もシンプルで、作りも丈夫で、デザインがMacbook Proにピッタリなのが良いです。
ノートブックをデスクトップのように使いたい人にはお勧めです。