私は誰か?(3)

3.
覚醒の本性とは何でしょうか?

覚醒の本性は、存在―意識―至福である。

解説

覚醒というのは、眠りから目を覚ますことだ。
眠りとは、想念の世界にはまり込んで、想念を想像している意識を見失うことだ。
私や世界という想念にはまり込んでいる夢見の状態から目を覚まし、全てが意識が作り上げた幻想だと気づくことだ。
意識が作り上げた想念の世界が真実ではないと知り、意識に、意識が戻る。
それが存在であり、本来の状態である至福、自由、真我だ。

原文
What is the nature of Awareness?
The nature of Awareness is existence-consciousness-bliss

ラマナ・マハルシの本の紹介
あるがままに―ラマナ・マハルシの教え
ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
ラマナ・マハルシとの対話 第2巻
ラマナ・マハルシとの対話 第3巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください