老子超訳(第八章)

最高の善とは、水のようなものです。
水は生命の生長を助け、何の妨げもしません。
多くの人が嫌がるような低い場所にとどまっています。
水は汚いものを洗い流し、水自体は汚れを吸い取り相手を奇麗にします。
そのような水の在り方は、『道』の在り方に近いものなのです。

したがって、最高の善にある人は、水のように低いところに居ながらも、
心は奥深く落ち着き、人間関係では親しみやすく、言葉は誠実で、
政治をよく治め、ものごとをうまく処理し、行動は時期を得ているのです。
全ての物事に対して争うことがないので、間違いもないのです。

水は、形を変え、柔和し、循環し、育み、澄み、映し、 流れ、一体となり、
それは『道』の在り方を現しているかのようです。

 

原文
上善若水。水善利萬物而不爭,處眾人之所惡,故幾於道。居善地,心善淵,與善仁,言善信,正善治,事善能,動善時。夫唯不爭,故無尤。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*