老子超訳(第十三章)

人々は、寵愛を受けるか屈辱を受けるかということを問題にし、心配します。
名誉や財産といったものをまるで我が身のように重く考えています。
寵愛や屈辱について問題にし心配しているというのはどういうことでしょうか。
それは、寵愛を良いこととして、屈辱を悪いこととして、喜んだり悲しんだりしているということです。
名誉や財産といったものを我が身のように考えているというのはどういうことでしょうか。
それは、人々が名誉や財産といったものを自身の生命と同じように考えているからです。
自分の生命がなければ、どんな心配事もありえないでしょう。

そうすると、自分の身体や生命こそがあらゆる不安や心配の根本であることが分かります。
大きなものから小さなものまで、どんな問題も、その根本は自分の生命を問題にしているのです。
どんな問題も、その根本は自分の生命を問題にしているのです。
だから、世の中を治めるといったことよりも、自分のことを大切にする人にこそ、世の中をまかせることができます。
自分のことを愛し、自分の身体をいたわる人にこそ、世の中をまかせることができるのです。

 

原文
寵辱若驚,貴大患若身。何謂寵辱若驚。寵為上,辱為下,得之若驚,失之若驚,是謂寵辱若驚。何謂貴大患若身。吾所以有大患者,為吾有身,及吾無身,吾有何患。故貴以身為天下,若可寄天下;愛以身為天下,若可托天下。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*