老子超訳(第十章)

精神と肉体を一つにして、離れないようにして、今ここに純粋にいられるでしょうか。
精気を集中して、心身を柔和にして、赤ちゃんのように純粋にいられるでしょうか。
心をきれいにして、映し出す世界を完全なものとしてみられるでしょうか。
人々を愛して国を治めながらも、それを人に知られないで いられるでしょうか。
万物の変化の中で、落ち着き全てを受け止める在り方ができるでしょうか。
全てのことを分かっていながら、無為自然に任せることができるでしょうか。

ものを産み出して、育て、持っていながら、それを自分のものとはせず、
物事を成し遂げても、それを自分がしたとはせず、
上の立場になっても、支配したりしない。

これこそが、『道』とともに在る人がもつ最高の徳なのです。

 

原文
「載營魄抱一,能無離乎。專氣致柔,能嬰兒乎。滌除玄覽,能無疵乎。愛國治民,能無知乎。天門開闔,能為雌乎。明白四達,能無為乎。生之畜之、生而不有,為而不恃,長而不宰,是謂玄德。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*