老子超訳(第十二章)

刺激的な色彩は、人の目をくらませる。
複雑に手の込んだ音は、人の耳をだめにする。
刺激の強い贅沢な食べ物は、人の味覚をそこなう。
馬を駆って狩猟をすることは、人の心を狂気にさせる。
珍しい品物は、人を盗みや強盗に走らせる。

そのため、『道』に在る人は内面を満たすことだけにつとめて、感覚的な刺激を求めることはしない。
だから、全ての物事の意味や原因を自分の外に求めることをしないで、自分の内面に求めるのだ。

 

原文
「五色令人目盲,五音令人耳聾,五味令人口爽,馳騁畋獵令人心發狂,難得之貨令人行妨。是以聖人為腹不為目,故去彼取此。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*