老子超訳(第十七章)

最もよい指導者というのは、人々にその存在だけを知られている人です。
そのもとでは、ものごとは全て自然なのです。
次によい指導者というのは、人々に親しまれ賞賛される人です。
そのもとでは、恩恵がその指導者のおかげだと思われています。
さらにその次の指導者というのは、人々に恐れられる人です。
そのもとでは、ものごとが強制されています。
一番よくない指導者というのは、人々に軽蔑される人です。
そのもとでは、ものごとは批判や混乱のなかにあります。

指導者が誠実さに欠け、人々を信じていない と、
人々に信頼されることもありません。
誠実さを信じることによって示し、
行動の大切さを行為で示し、
存在の意味を自身の在り方で示すのです。

最もよい指導者は、悠然として慎んで、口出しや命令をせず。
それで、成果が上がりものごとが完成しても、
人々は、それらは自然とそうである、成るべくしてそうなった、と思うでしょう。

ものごとが自然とそうであるとき、それが『道』なのです。

 

 

原文
「太上,下知有之,其次親而譽之,其次畏之,其次侮之。信不足焉,有不信焉。悠兮其貴言,功成事遂,百姓皆謂我自然。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*