老子超訳(第十九章)

聡明さを断ちきって知識を捨て去れば、人々は百倍もの利益を得るでしょう。
それがもともとの無私なのです。
仁愛を断ちきって正義を捨て去れば、人々は真の孝行と慈愛に立ち返るでしょう。
それがもともとの無為の在り方なのです。
技巧を断ちきって便利さを捨て去れば、奪い合うこともないでしょう。
それがもともとの無欲なのです。

これら三つのことだけでは不十分なので、より深く言ってみると、
表面は素直に内面は純朴に 、自我をなくし欲望を抑えることです。
外から学ぶことをやめ、思い煩うのをやめることです。

『道』に在るためには何も必要ないのです。
ただ、今ここに感謝の中に在ること、それだけなのです。

 

原文
「 絕聖棄智,民利百倍;絕仁棄義,民復孝慈;絕巧棄利,盜賊無有。此三者以為文不足,故令有所屬﹕見素抱樸,少私寡欲、絶学無憂。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*