老子超訳(第二十一章)

大いなる徳というのは、ただ『道』とともに在るということです。

『道』というのは、ぼんやりとしていて、はっきりしません。
ぼんやりとしてはっきりしない、その中に 、真の姿かたちがあります。
はっきりせずぼんやりとしている、その中に、真の実体があります。
深く暗い、その中に、真の精気がはたらいています。
その精気は純粋で、その純粋さの中にこそ確かなものがあります。

今の時代からずっとむかしにさかのぼるまで、『道』という名は消えることがありません。
そして、それによって、万物の起源を知ることができるのです。
どうして、わたしが万物の起源のありさまを知ることができるのでしょうか。
それは、この『道』とともに在ることによってなのです。
『道』に在ることこそ、時間と空間を超えた在り方なのです。

 

原文
孔德之容,惟道是從。道之為物,惟恍惟惚。惚兮恍兮,其中有象;恍兮惚兮,其中有物。窈兮冥兮,其中有精;其精甚真,其中有信。自今及古,其名不去,以閱眾甫。吾何以知眾甫之狀哉。以此。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*