老子超訳(第二十三章)

言葉が少ないのが自然にかなっています。
だから、暴風は半日と吹き続けることはなく、豪雨は終日降り続くことはないのです。
何がそうしているのでしょうか。
天地がそうしているのです。
天地でさえも続けることができないのに、どうして人間にできるでしょうか。
ですから、『道』は言葉で表せるものではないのです。

『道』を受け入れて生きる人は、『道』と一つになります。
徳を受け入れて生きる人は、徳そのものになります。
受け入れることのない人は、自分自身が受け入れられません。

『道』とともに在ろうとする人は、『道』からも受け入れられます。
徳とともに在ろうとする人は、徳からも受け入れられます。
否定して受け入れることのない人は、決して受け入れられません。

信じて受け入れるという態度がないと、自分も信じられ受け入れられることもないのです。
全てに対して感謝し受容することが、『道』そのものになることなのです。

 

原文
希言自然。故飄風不終朝,驟雨不終日。孰為此者。天地。天地尚不能久,而況於人乎。故從事於道者,(道者) 同於道,德者同於德,失者同於失。同於道者,道亦樂得之;同於德者,德亦樂得之;同於失者,失亦樂得之。信不足焉,有不信焉。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*