老子超訳(第二十四章)

背伸びをして立っていても、しっかりと長くは立っていられません。
大またで歩いていても、かえって早く遠くまで行けません。
自分のことをよく見せようとしても、かえって認められません。
自分のことを正しいとすると、かえってその正しさはあらわれません。
自分のことを奢っていると、何事も成功することはありません。
自惚れていると、長続きすることはありません。

これらのことは、『道』の原則からすると、余分な食べ物や余計な行為、と言われるようなものです。
だれもが余計なものは要らないと思うでしょう。

『道』に在る人は、そんな余計なことは決してしません。
『道』に在る人は、全ての行為が無為自然であるので、
行為とそれに伴う結果が過不足なく、一体調和の中にあるのです。

 

 

原文
企者不立,跨者不行,自見者不明,自是者不彰,自伐者無功,自矜者不長。其在道也,曰「餘食贅行」。物或惡之,故有道者不處。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*