老子超訳(第二十六章)

根

重いことが軽いことの根をなしています。
静止しているものは、動くものの中心となっているのです。
それなので、
『道』にある聖人は、動き回っていながら、その周りに様々なものや人が付き従っています。
華やかな場所でも、そこに溺れず心を動かさず静かな状態でいます。
もし世界の君主であるなら、その身を周囲の世界よりも軽くすることはないでしょう。
軽々しく行動すれば、根をなくし、周囲を支えることができなくなるでしょう。
騒がしく行動すれば、中心的立場を失い、周囲の模範であることができなくなるでしょう。

 

原文
「重為輕根,靜為躁君。是以聖人終日行、不離輜重。雖有榮觀,燕處超然。奈何萬乘之主,而以身輕天下。輕則失本,躁則失君。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*