老子超訳(第二十八章)

不割

男性的な強さをわきまえていて、
女性的な柔らかさを失わないようにすれば、
世界の万物が集まる谷となります。
世界の谷となれば、真実の『徳』から離れることがなく、
純粋な赤ん坊のような状態に戻ることになります。
明白な価値をわきまえていて、
混沌としたものを失わないようにすれば、
世界の模範となります。
世界の模範となれば、真実の『徳』が身につき揺るぎないもになり、
究極の無の状態に戻ることになります。
栄光の立場をわきまえていて、
屈辱の立場を失わないようにすれば、
世界の万物の谷川となります。
世界の谷川となれば、真実の『徳』が身に付き満ち渡り、
本来の素樸な状態に戻ることになります。
素樸さという性質は、社会にあれば、それぞれの状況に会った特徴をそなえた人格者となります。
聖人がそうした素樸な人格者を用いると、彼らは社会を導く存在となるのです。
このように、ほんとうのすぐれた管理や指導は、人材そのものの形や在り方を変えたりしません。
素樸な人格そのままの形を使うことが、最高の管理や指導になるのです。

 

原文
「知其雄,守其雌,為天下谿。為天下谿,常德不離,復歸於嬰兒。
知其白,守其黑,為天下式。為天下式,常德不忒,復歸於無極。
知其榮,守其辱,為天下谷,常德乃足,復歸於樸。
樸散則為器,聖人用之,則為官長,故大制不割。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*