老子超訳(第二十九章)

神器

世界を治めようとして、そのためにいろいろと作為をするならば、
私はその人はその目的を達成できないことが分かっている。
世界というのは不可思議なもので、人が操作できるものではないのです。
操作しようとすると、かえってそれを台無しにし、
つかまえておこうとすると、かえってそれを失うことになります。

よって、すべてのものごとは様々であり、
先に進むものがあれば、つき従うものがあり、
穏やかなものがあればで、激しいものがあり、
強いものがあれば、弱いものがあり、
育てるものがあれば、破壊するものがある。

そのため、聖人は一方に偏らずに、
極端なもの、贅沢なもの、度が過ぎるものに近づかず、
つねに中庸で自然なままにいるのです。
そして、それこそが世界と一体となり、世界を治める以上のことなのです。

 

原文
「將欲取天下而為之,吾見其不得已。天下神器,不可為也,(不可執也。)為者敗之,執者失之。(是以聖人無為,故無敗;無執,故無失。)故物或行或隨;或歔或吹;或強或羸;或挫或隳。是以聖人去甚,去奢,去泰。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*