老子超訳(第三十章)

佐人

真実の「道」にもとづいて君主を補佐しようとする人は、
武力にたよって世界に強さを示そうとはしません。
武力を用いれば、その報いを招くことになります。
軍隊の駐屯したところは、耕地が荒れ果て、いばらがいっぱいにはびこり、
大きな戦争のあとには、必ず長い凶作が続きます。

「道」に従う人は、ものごとがうまくいくことを目指しているので、
武力によって強さを示そうとはしません。
成功しても、尊大になることはありません。
成功しても、それを誇ったりはしません。
成功しても、高慢になることはありません。
成功したのは、これはどうしてもそうなったのだとします。
自分が強いからそうなったとはしません。
ものごとは強壮であるほど、バランスが崩れ、必ず衰退に向かいます。
これこそが「道」にかなっていないということなのです。
「道」にかなっていなければ、すぐに滅びてしまうのです。

 

原文
「以道主者,不以兵強天下。其事好遠。師之所處,荊棘生焉。大軍之後,必有凶年。善者果而已,不以取強。果而勿矜,果而勿伐,果而勿驕。果而不得已,果而勿強。物壯則老,是謂不道,不道早已。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*