老子超訳(第三十一章)

哀悲武器というものは、不吉なものです。
不吉なものは誰もが嫌がるでしょう。
だから『道』をそなえている人は、それに近づきません。
君子は平時は左を上席としていますが、戦時は右を上席とします。

武器という不吉なものは、君子が用いるものではなく、
やむえずそれを用いなくてはならない場合は、あっさりと扱うことが一番なのです。
たとえ勝利したとしても、決して立派なことではないのです。
それを立派なことだと考えるなら、それは殺傷を楽しみとしていることになります。
殺傷を楽しみにする人は、天下に志をとげることはできないでしょう。

君子は武器を取らざるを得ないとき、その悲しみを全て受け止めるのです。
武器を取ることによって起こりうるあらゆる問題や結を覚悟し、
自分も全ての苦しみを受容する覚悟で行うのです。

吉事には左を上席としますが、凶事には右を上席とします。
軍隊では、副将が左側に立ち、大将が右側に立ちます。
つまり、戦争は凶喪の儀礼に従って行われています。
戦争では、大勢の人々を殺傷するから、哀痛の心で出かけるのであり、
戦いに勝ってもやはり凶喪の儀礼に従って対処します。

武器それ自体が深い悲しみなのです。

 

原文
夫〔佳〕兵者,不祥之器,物或惡之,故有道者不處。君子居則貴左,用兵則貴右。兵者不祥之器,非君子之器,不得已而用之,恬淡為上。勝而不美,而美之者,是樂殺人。夫樂殺人者,則不可以得志於天下矣。吉事尚左,凶事尚右。偏將軍居左,上將軍居右,言以喪禮處之。殺人之眾,以哀悲泣之,戰勝,以喪禮處之

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*