呼吸の大切さ

呼吸は全身運動

呼吸というのは、実は、全身の筋肉や骨が協調して働く全身運動なのです。この呼吸と身体が協調した動きを学ぶことによって、適切な呼吸の効果が増大し、ますます身体の緊張が解放され、精神の安定と向上が得られるのです。

呼吸とストレス

ストレスを感じると、それにともなって体は呼吸を抑制します。呼吸は浅く短く速くなって、おなかではなく胸で呼吸をし始めるようになります。

身体がリラックスすると、おなかの底から深く長くゆったりとした呼吸をするようになります。

呼吸で解放する

適切な呼吸を行なうと、身体の緊張が解きほぐされ、ストレスを解消します。それと同時に意識が研ぎ澄まされ、集中力が養われます。それ以上に興味深いのは、心の奥からの至福のようなものが感じられるのです。

大きな効果

呼吸は1日に約20000回も行なっています。生きている間に行なう呼吸の数は、4億回以上にもなります。これだけ多いと、私たちは呼吸をあたりまえのこととみなしがちです。しかし、これだけ多くの回数が行なわれている呼吸が少しでも改善されたら、人生の質が大きく高まるのです。

自己認識の深まり

呼吸が改善され心身が整合してくると、自分に対する認識が深まり、自分の短所や長所が見つめられるようになり、行動や考え方の改善が見られるようになります。

全身呼吸を習慣に

身体と協調した呼吸を習慣付けることで、さまざまなメリットが出てきます。精神的にも身体的にも健康になります。性格が安定し注意力や集中力が増大します。また人間関係が改善し、仕事や学校での活動における能力も高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*