仕事は20冊+200冊+JUST DO IT.

books

今回は私が行っている仕事の準備の仕方を紹介します。
私にとっての仕事というのは、英語指導や受験指導、特殊な分野での英語での指導、ヨガなどのエクササイズ指導などです。

これらの仕事の準備というのは、頼まれたことがどんなことでも、まずその内容を自分でできるよう実力をつけ、次にクライアントが求めている結果をクライアント自身が自分の力で得るのを助けるということです。

知識や技術がいくらあっても、指導というのは自分の人間的な資質がでてくるので、それいじょうのことはできないのですが、それはそれで別に自分の人間的資質のレベルを上げる努力をします。

例えば、解剖学やコーチングを英語で指導する仕事を頼まれたりします。解剖学にせよコーチングにせよ、最初は全くの素人と言ってもいいです。

この頼まれたことについてどう準備するのかというと、まずできる限りの資料・本を読みます。
本については、Amazonで「解剖学」あるいは「コーチング」などと検索して、その中の評価の高い本を日本語と英語でできるだけ読みます。
これは内容にもよりますが、それぞれ20冊ほどになります。
多くのものは図書館で借りたりネット上で資料や論文をダウンロードしたりできます。あるいはブックオフなどで手に入るものを全て読みます。
英語版は節約のため本ではなく、できるだけ電子書籍を購入します。
解剖学などの専門書は購入するしかないので、一冊1万円ほどもする専門書を何冊も買うことになりますが、このようなケースはまれです。
そして、それらの資料や本を読みながらノートを取り、まとめのチャートを描いたり、問題を作ったりして、独自のテキストを作成します。
この作業は早くて一週間、難しいものだと一ヶ月から数ヶ月かかります。

次に、その中でクライアントに合う教材なり資料なりを3つほど選びます。これはクライアントに自分にあった選択肢を与えるためです。
これは本そのものであったり、資料であったり、あるいは私自身が作ったテキストであったりします。
教材が決まり指導が始まってからは、さらにその分野に関連した本や資料を読み、調査し、まとめます。
最終的に1分野について数百冊の本を読むことになります。
まとめたノートは、コーチングについては数冊でしたが、英語で解剖学を教えた時は分厚いバインダー24冊にもなりました。また本を20冊読み自分が基礎的な知識を吸収したあとは、できる限り身につけた知識を応用できる環境を作ります。

これは工夫がいりますが、例えば、コーチングなら身近な人に協力してもらいコーチングを試す。あるいは何かの活動のコーチを買って出る。
私の場合は、バスケットボールのコーチを買って出たり、アメリカのコーチングのブループのメンバーになり、同じ道を目指している人と交流したり、あるいはネット上のセルフコーチングのプログラムを受けたりしました。
解剖学では、アメリカの出版社が運営している学習サイトの会員になり、自分で定期試験の問題を英語で解き、またそれらを使ってクライアントの教材を作成したりしました。

このような方法で仕事の準備をしてきた経験上感じたのは、1つの分野に詳しくなり仕事ができるようにしたり、人に指導し教えられるようになるには、まず最初にその分野の本を20冊ほど読むこと、そうするとその分野のほとんどのことがカバーでき、そして200冊ほどの本を読めば、その分野について詳しい人になれるということです。
考えてみると、この情報化社会ではどんな人でも専門家になれるということなのでしょう。

気をつけるべきなのは、知識をつけた分は必ず実行し、チェックし、修正し、また実行し自分のものにすることです。
「知っている」と「できる」は全く違うものだからです。

皆さんも、ある分野で専門職として食べて行きたい、ある分野を極めたい、ある分野を研究したい、そんなふうに思っていたら、まずは、その分野の本を20冊読み、核ができたらさらに200冊ほど読みましょう。
かならず、その分野の専門家になる道が開けます。

あとは、

JustDoIt

 

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*