最近ハマっているノートとペン

今回は、私がいろいろ試してみて行きついたペンとノートを紹介します。

まず最初に紹介するのは、このモレスキンのノートです。モレスキンのサイト(http://www.moleskine.co.jp/)

MOLESKINE ソフトカバー プレーンノートブック・無地・ラージ 

私はこのノートをメモやアイディア、読書ノートや備忘録、頭に浮かんだことややるべきことなど、自分に関するすべてのことを記録するために使っています。
ubiquitous capture(ユビキタス・キャプチャー、全ての場所で全てのことを記録するという考え方から)を行っています。
私は表紙の手触りが好きでソフトカバーを使用していますが、立ったままノートを取る人にはハードカバーのほうが、カバーが下敷きとなって使いやすいでしょう。

MOLESKINE ハードカバー プレーンノートブック・無地・ラージ 

そして、軽装で出かけるときにはこちらの小さいサイズを持ち歩いています。

ハードカバー  ソフトカバー

モレスキンのノートの良いところは、その形と紙の色、そして様々なオリジナリティが出せるノートだということです。
モレスキンのファンサイトも充実しています。

その他参考 → モレスキンのすごい使い方

 

このモレスキンのノートに使っているペンは、いろいろ試してきましたが、パーカーが一番良かったです。
PARKER アーバン・プレミアム パールメタルCT ボールペン S1134313です。
parker urban

 

この他にも、様々なデザインがあります。

このパーカーのボールペンのインクは、紙によくなじみ、インクのサラサラ感もちょうど良く、ペン先にインクが溜まることもありません。
Quink flowというインクになってからさらに良くなった感があります。

付属インクは中字ですが、私は細字の方が使いやすいのでこちらを別に購入して使っています。
PARKER ボールペン 替芯 リフィル ブラック (細字) 164312

このノートとペンの組み合わせにしてから、何も気にすることなく書き続けられるようになりました。

 

ブレイン・ストーミング用のノートとして使っているのがマルマン A4 ノート ニーモシネ 無地 N181 ブラックです。
ニーモシネ
このノートはマインドマップで使用していています。

これはその他の用途でも使いやすく、理科系の勉強やビジネス用にも適していると思います。
ただし、この用途には罫線入りのほうが何かと便利です。マルマン A5 ノート ニーモシネ 5ミリ方眼罫 N182 ブラック

 

 

このノートには太く大きな文字で書きたいので、以前はウォーターマンの万年筆を使っていました。
しかし、万年筆だと、インクが滲んだり、インクが手に付いたり、インクを交換したりと、煩わしいことが多かったのですが、最近万年筆に変わるとてもいいペンを見つけました。

これです。

PARKER アーバン プレミアム エボニーメタルCT 5th S09759300

これは書き心地抜群です。
(Made in Japanのノートには)滲みもムラもなく、太い文字で滑らかに書けます。
万年筆でもなくボールペンでもない「5th アーバンプレミアム」のすごいところは、使っていくうちにペン先が自分の筆記角度にあった形状になじんでくるというところです。
自分仕様に変化するペンは、書くこと自体が楽しくなります。

* 他に、デッサンに使っているノートやペンがありますが、それはまた後ほど紹介します。

 

皆さんも時々、少々のこだわりを持って文房具を選び、自分が大好きな文房具を使ってみてはどうでしょうか。
本当に大好きでワクワクするモノだけを使っていると、日々の生活が潤うのではないでしょうか。

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*