老子超訳(第三十四章)

大道

偉大なる『道』は、あふれる水のように、右に左にと、あらゆるところに広がり行き渡ります。
万物はそれによって生かされていますが、『道』は自分が万物を生かしているとは言いません。
何かを成し遂げても、『道』はそれが自分のしたことだとは主張しません。
万物を守り育てているが、自分が主人だとはしません。
欲がないということにおいては、『道』は、なるほど、小さなものだと言えます。
万物がすべて、この『道』に依っている依っているのに、万物の主人であるとしないのですから、
これこそ、偉大であると言ってよいでしょう。
『道』にある聖人が偉大であるのは、自分が決して偉大ではないとするからこそ、偉大になれるのです。

自我が消え、調和の中に生きていることこそ、『道』に在ることなのです。

 

原文
大道氾兮,其可左右。萬物恃之而生而不辭,功成不名有。衣養萬物而不為主,常無欲,可名於小;萬物歸焉而不為主,可名為大。以其終不自為大,故能成其大。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*