老子超訳(第三十七章)

自定

 

真の『道』は常に「無為」であるけれど、どんな物事もその働きによらないものはないのです。
すべてのことがそれによって成し遂げられているのです。
リーダーたちが、統治において、この『道』の働きを保つことができるなら、あらゆる物事が感化され、自然に成長することでしょう。
もし感化されながらも、自分勝手な欲望が生じたならば、「無名の素朴なもの」によってそれを鎮めることでしょう。
実に「無名の素朴なもの」が欲望のない状態をもたらすでしょう。
そして、世界は自然と安定した状態になるでしょう。

『道』から外れたものを『道』に戻すには、ルールや刑罰ではなく、
「無名の素朴なもの」、つまり『道』そのものの在り方で、無欲に導く以外には無いのです。
『道』から外れないこと、結局それだけが究極の感化の仕方なのです。

 

原文
道常無為而無不為。侯王若能守之,萬物將自化。化而欲作,吾將鎮之以無名之樸。無名之樸,夫亦將無欲。不欲以靜,天下將自定。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*