老子超訳(第四十章)

有生於無

前に進もうとするのではなく、反対に自分自身の内面に戻ることが『道』の動きである。
強く逞しくなろうとするのではなく、弱く柔軟になることが『道』の働き方である。
万物は「有」という形のあるものから生まれてくるが、
その「有」は「無」という形のない『道』から生まれてくるのだ。

形にとらわず柔軟であること、
そして、自分の内面にもどる、
それこそ、一体である『道』の在り方なのだ。

 

原文
反者道之動,弱者道之用。天下萬物生於有,有生於無。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*