薄い財布

小さい財布(ブラック)

日々、所有物をミニマル(最小限)にしようと考え、部屋の中のものを減らし続け、ほぼ落ちついてきました。続けていくと、今度はミニマルな量の所有物それ自体がミニマルかどうかを考え始めます。
例えばボールペンは一本にしぼったが、それが4色ボールペンであったとき、それが本当にミニマルな機能であるかどうかを考え始めます。自分が2色しか使わないのなら2色ボールペンに変えることになるでしょう。高機能のデスクトップパソコンを使っていて、普段使用するソフトがメールとgoogleだけだったら、次回買い替えるときは小さなラップトップで十分になるでしょう。
このように、ミニマルな量の物自体がミニマルな機能なのかどうかを判断することになります。
いろいろなものを余計な機能がないものに変えてきましたが、いつも使っている財布が気になり始めてきました。今使っている財布はイタリア製なので、日本製の財布より一回り小さめで札がぴったりと収まり無駄なスペースがなく、とても気に入っていて大事に使っています。もちろん財布にはカード入れがついていますが、この財布とは別にカードケースに財布に入りきらないカードを入れ持ち歩いています。
このカードケースには免許証、保険証、PASMO、図書カード、体育館のカード、その他、ショップのポイントカードなど、20数枚を入れています。

最近、どうしてもこの財布とカードケースを一つにまとめられないか、財布自体ももっとコンパクトにできないか、それをポケットに入れて持ち歩けるようにできないか、と思っていました。

そこで見つけたのが、薄い財布 abrAsus(アブラサス)です。

小さい財布

カードは最小限に使う5枚ほど入ります。無駄なものを持たない買わないことが習慣になると、目的のない行動をしなくなるので持ち歩くカードもほとんど必要がなくなります。免許証とキャッシュカード、PASMO、その他習慣的に使うものだけになります。
小銭も最小限の999円を入れるスペースだけがあります。500円玉一枚、100円玉四枚、50円玉一枚、10円玉四枚、5円玉一枚、1円玉四枚です。支払いのときに、釣り銭が最小限になるように気を使わなければなりませんが、それがまたいいなと感じます。

今まで財布とカードケースの2つを持ち歩くため、小さなバッグに入れ持ち歩いていましたが、この「薄い財布」にすればポケットに入れて持ち歩けるので、さらにミニマルになるでしょう。

他に「小さい財布」というのもあります。こちらもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*