老子超訳(第四十三章)

至柔

この世で、最も柔らかく弱いもの、小さく認識できないものが、この世で最も堅く強いもの、大きく派手なものの間を、浸透し動き回り、この世界を動かしている。
微妙で形のないものだからこそ、認識できるような大きく形があるものの間を通って動き回ることができる。
私はこのことによって、「無為」ということが真に有益であるということを認識するのだ。
無言の教えと無為の有益さこそが、より大きく実質として現れているものごとを支えているという意味で、この世で最も貴重なことなのだ。

大きな目立つものに捕われないで、より微細な、より微弱な、より微小なものに意識を向けること。
目立つものばかりでなく、誰の目にも触れないような小さなことに気づくこと、全く無為と思われるものに意識を向けること、それが最も有益なことなのだ。
有益なものはより小さな有益なものに支えられ、さらにその小さなものは究極には「無為」によって支えられていのだ。

 

原文
天下之至柔,馳騁天下之至堅。無有入無閒,吾是以知無為之有益。不言之教,無為之益,天下希及之。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*