老子超訳(第四十四章)

知足

外見や評判や名誉と、自分の内面や生命の充実感とでは、どちらが自分にとって大切なものだろうか。
生命の充実感と所有物や財産では、どちらが自分にとって重要なものだろうか。
何かを得ることと失うことでは、どちらが有害なものだろうか。
そう考えてみると、生命の充実ということを忘れ、外見や名誉、評判や財産ばかりを得ようと考えていると、逆により多くの生命の充実を失うことになり、それを無視して財産をたくさん貯めようとすると、よけいに生命の充実感を失うことになる。
常に満たされていると知っていれば、恥ずかしい思いをすることもなく、適切な所でとどまることを知れば、自分の身を危険にさらさずにすみ、いつでも安全にいられるのだ。

人間が価値を置いているものばかりを追い求めていると、自然や生命そのものの価値を忘れてしまいがちです。
人間というのは名誉や財産で生かされているのではなく、自然の恩恵の中で生かされている存在なのです。
自分が生かされている、それを知ることこそが生命を充実させるのです。

 

原文
名與身孰親。身與貨孰多。得與亡孰病。是故甚愛必大費,多藏必厚亡,知足不辱,知止不殆,可以長久。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*