老子超訳(第四十五章)

大成

ほんとうに完全なものはどこかが欠けているように見えますが、その働きは全く損なわれることはないのです。
ほんとうに充実しているものは空っぽのように見えますが、その働きは全く尽きることはないのです。
ほんとうにまっすぐなものは曲がっているかのように見えるのです。
ほんとうに巧妙なものは下手くそに見えるのです。
ほんとうに雄弁なものは口べたに見えるのです。

忙しく動いていれば寒さを感じません。
こころ静かにじっとしていれば暑さも平気です。

いつも静かに清らかでありなさい。
そのような無為な在り方こそが全てと調和するものなのです。

全ては在るがままで完全なのです。
見え方というのは、自分自身を完全性から分離し、不完全なものと見なしているからに過ぎません。
どんなふうに見えるものも、それは自分の在り方が鏡に映っているだけなのです。
それらの真の姿は、究極には完全なものなのです。
全てが完全に見えるまで、静かに清らかな在り方でいることです。

 

原文
大成若缺,其用不弊。大盈若沖,其用不窮。大直若屈,大巧若拙,大辯若訥。靜勝躁,寒勝熱。清靜為天下正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*