老子超訳(第四十六章)

常足

世の中に『道』があれば、軍馬はなくなり耕作に使われます。
世の中が乱れていると、みごもっている母馬さえも戦争に駆り出されます。

戦争のもとというのは、結局、自分が今持っているものに満足しないで、他者が持っているものを奪おうという気持ちから来る欲望からくるのです。
不満であることが最大の災難であり、貪欲であることが最大の過ちなのです。

だから、今ここにあるものに満足し感謝できる人は、永遠に満たされ幸せでいるのです。

 

解説
世の中に『道』があれば、戦うという意識はなくなり、ものごとを全ての存在の調和のために使うようになります。
世の中が乱れているとき、自然や生命を犠牲にしてまでも、戦うためや欲望を満たすための道具や施設を作ろうとします。
道具や施設、組織や機構、それらは自分たちのより一層の欲を満たすために使おうとしていませんか?
もっともっとという気持ちや奪おうという気持ちから来ていませんか?
その在り方こそが、戦いなどの否定的な出来事を起こす原因なのです。
いつもいつも、自分が守られ、満たされ豊かなであるという在り方でいましょう。
それだけが、安全で満たされて、豊かで幸せでいる唯一の方法なのです。

 

原文
天下有道,卻走馬以糞。天下無道,戎馬生於郊。禍莫大於不知足;咎莫大於欲得。故知足之足,常足矣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*