老子超訳(第四十七章)

名称未設定

戸口から一歩も出ないでいて,世界のことを全て知っている。
それは、世界と自分が一体であると知っているから。
窓から外を望まないでいて、世界の法則を知っている。
それは、世界の法則と自分の法則が同じものだと知っているから。
外に探しに遠くに行けば行くほど、知ることがますます少なくなる。
それは、世界と分離し離れることだから。

そのため,『道』と一体になる人は、動いて経験しなくてもものごとについて知り、わざわざ見なくてもはっきりと分かり、何もしないでもすべてを成し遂げるのだ。

道にある人は、分離がない。自と他が一体だ。原因と結果が一体だ。

全てはただ在る。

 

 

原文

不出戶,知天下;不窺牖,見天道。其出彌遠,其知彌少。是以聖人不行而知,不見而明,不為而成。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*