老子超訳(第四十九章)

名称未設定『道』に在る人は自身のこころをもたず、人々のこころを自身のこころとしている。
彼はこう言う。
人々のこころの中の善いものを、わたしは善いものとするだろう。
善くないものであっても、わたしはそれを善いものとするだろう。
そうすれば、善いものになるのだ。
なぜなら、世界はあなたが与えたものを現すから。
人々のこころが誠実なものなら、わたしはそれを誠実なものとして信用するだろう。
人々のこころが誠実でないものでも、わたしはそれを信用するだろう。
そうすれば、それは信用できるものになるだろう。
なぜなら、世界はあなたが与えたものを現すから。

『道』に在る人が世界に向き合うとき、行動や言葉や理論を使わない。
それらは全て分別,分離であるからだ。
人々は、しかし、その行いや言葉や理屈を聞こうとする。
『道』に在る人は、人々にそれらを捨てさせ、無知無欲にさせるのだ。
何もせずに全てを為す、それが『道』に在ることだ。

 

 

原文

聖人無常心,以百姓心為心。善者,吾善之;不善者,吾亦善之;德善。信者,吾信之;不信者,吾亦信之;德信。聖人在,天下歙歙焉,為天下渾其心,百姓皆注其耳目,聖人皆孩之。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*