老子超訳(第五十一章)

名称未設定
『道』が万物を生み出し、「徳」が万物を養い発展させ、性質が万物に形を与え、環境が万物に役割を与え、万物は完成します。
こうしたわけで、万物はかならず『道』を尊崇して「徳」を尊ぶのです。
『道』が尊崇されて、「徳」が尊ばれるのは、誰かが命じてそうなるのではなく、自然にそうなるからなのです。

それだから、『道』が万物を生み出し、「徳」がそれを養い発展させ、万物を生長させ,結実させ成熟させ、守り育てるのです。
万物を生み育てながらも、それを自分のものだとはせず、万物を発展させながらも、それを自分の手柄とはせず、万物の頂上にいても支配しようとはしないのです。
これこそが,『道』にそなわっている理解を超えた力、玄徳なのです。

 

 

原文

道生之,德畜之,物形之,勢成之。是以萬物莫不尊道而貴德。道之尊,德之貴,夫莫之命而常自然。故道生之,德畜之。長之育之,亭之毒之,養之覆之。生而不有,為而不恃,長而不宰。是謂玄德。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*