老子超訳(第五十二章)

名称未設定

世界のすべてのものごとには,その始まりがあり、これが世界の根本なのです。
この根本である『道』をつかみ取れば、そこから派生した万物のことが全てわかります。
万物のことがわかったならば、さらにその根本である『道』に戻りそれを守っていきます。
そうすれば、終生危険な目には会うことはないでしょう。

感覚器官をふさいで、知識の出入りを閉ざせば、終生疲れたり病気になることはないでしょう。
感覚器官を広げて、それに引きずられて物事を行えば、終生苦しむことになるでしょう。
感覚器官による現象に捕われずに『道』という根本に意識をおいていることです。

感覚器官ではとらえられないものを見ることが明智であり、現象に捕われない柔弱さを保っていくことこそ、本当の強さなのです。
知恵の光で世界の現象を照らし、現象の裏を明らかにすれば、不幸や苦しみ、降り掛かる災難は全て無くなるでしょう。
これが永遠普遍の『道』に従って生きるということなのです。

現象の根本に立ち返ること、それが『道』なのです。

 

原文

天下有始,以為天下母。既得其母,以知其子,既知其子,復守其母,沒身不殆。塞其兌,閉其門,終身不勤。開其兌,濟其事,終身不救。見小曰明,守柔曰強。用其光,復歸其明,無遺身殃,是為習常。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*