老子超訳(第五十四章)

名称未設定
しっかりと基礎が建てられていれば、引き抜かれることはなく、
しかりと抱え込まれているものは,抜け落ちることはない。

このように,しっかりと『道』の原則に従えば、人間の子孫は代々続いて祖先の祭祀も途絶えることもない。

個人においてこの原則を実践すれば、その「徳」は確実なものになる。
家族においてこの原則を実践すれば、その「徳」はあり余るほどになる。
地域においてこの原則を実践すれば、その「徳」は長く続くものになる。
国においてこの原則を実践すれば、その「徳」は豊かなものになる。
世界においてこの原則を実践すれば、その「徳」は全てを包み込むものになる。

それだから、
個人をそのままの個人として見つめると,個人のことが分かる。
家族をそのままの家族として見つめると、家族のことが分かる。
地域をそのままの地域として見つめると、地域のことが分かる。
国をそのままの国として見つめると、国のことが分かる。
世界をそのままの世界としてみつめると、世界のことが分かる。

私が世界をありのままに見られるのは、この『道』の原則に従っているからなのだ。

 

原文

善建者不拔,善抱者不脫,子孫以祭祀不輟。修之於身,其德乃真;修之於家,其德乃餘;修之於鄉,其德乃長;修之於國,其德乃豐;修之於天下,其德乃普。故以身觀身,以家觀家,以鄉觀鄉,以國觀國,以天下觀天下。吾何以知天下然哉、以此。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*