老子超訳(第五十五章)

名称未設定

「徳」を豊かにもっている人は、無知無欲の赤ん坊に似ている。
赤ん坊には蜂やサソリや刺さず、猛獣も襲いかからず、猛禽も引っ掻いたりはしない。
骨は弱く筋肉も柔らかいが、握りこぶしはしっかりと固い。
男女の交合をまったく知らないのに、その小さな生殖器が立っているのは、その精力が最高だからだ。
一日中泣き叫んでいるのに、力つきて声が嗄れることがないのは、その調和が最高だからだ。

この調和を知っていることが,永遠の真実とともに在ることで、その真実を知ることが明智と言われる。
生に何かを付け足そうとすると、それは禍いと言われる。心が気力を煽り立てるなら、それは無理強いと言われる。
ものごとが強大になると必ず衰退へ向かう。これこそ「道」に適っていないことだ。
『道』に適っていなければ,必ず速やかに滅びてしまう。

結局は、赤ん坊のように自然の調和の中に在ることが、『道』の徳なのだ。

 

原文

含德之厚,比於赤子。蜂蠆虺蛇不螫,猛獸不據,攫鳥不搏。骨弱筋柔而握固。未知牝牡之合而全作,精之至也。終日號而不嗄,和之至也。知和曰常,知常曰明。益生曰祥。心使氣曰強。物壯則老,謂之不道,不道早已。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*