老子超訳(第五十六章)

名称未設定

本当に分かっている人は、しゃべらない。
しゃべる人は,本当には分かっていない。

本当に分かっている人は、感覚器官を閉ざし、知識の出入り口を閉ざす。
知識の鋭さを鈍らせ、そのその複雑なもつれを解きほぐし解放する。
そのきらびやかな輝きをやわらげ、小さな塵と同化しひとつになる。
これを「玄同」、つまり,不可思議な同一という。

それだから、『道』にある人には、親しみ近づくこともできないし、疎んじて遠ざけることもできない。
利益を与えることもできないし、損害を与えることもできない。
尊ばせることもできないし、賎しませることもできない。
だからこそ、世界で最も貴い人とされるのだ。

『道』に在るとき、全てとの分離がなくなる。
分離がなくなると,対象というものがなくなる。
対象がなくなると,説明がなくなる。
説明がなくなると,知識がなくなる。
知識がなくなると、自然にすべてと同化する。
これが『道』の在り方だ。

 

原文

知者不言,言者不知。塞其兌,閉其門,挫其銳,解其分,和其光,同其塵,是謂玄同。故不可得而親,不可得而疏;不可得而利,不可得而害;不可得而貴,不可得而賤。故為天下貴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*