老子超訳(第五十七章)

名称未設定

国を治めるのは正しいやり方で行い、戦争をするには奇抜なやり方で行うが、世界を統治するには作為をしないことによって行う。
私がどうしてこうしたことを知っているのか。
それは次の理由からだ。

世の中に禁令が多くなると,人々は自由がなくなりますます貧しくなる。
人々が武器を多く持てば持つほど,国家はますます混乱する。
人々が小賢しくなればなるほど、奇抜なものがますます多くなる。
法令が細かく厳しくなればなるほど、悪事をはたらく輩が多くなる。

だから,聖人は言う。
私が無為の立場に在れば、人々は人々はおのずとそれに感化される。
私が静寂にしていると、人々はおのずと落ちついてくる。
私がなにもしないでいれば、人々はおのずと富み栄えてくる。
私が無欲で在れば、人々はおのずと自然な純朴さに戻る。

あなたが作為的であれば、あなたの世界は複雑になり混乱するだろう。
あなたが無為であれば、あなたの世界は静かに調和するだろう。

 

原文

以正治國,以奇用兵,以無事取天下。吾何以知其然哉。以此。天下多忌諱,而民彌貧;民多利器,國家滋昏;人多伎巧,奇物滋起;法令滋彰,盜賊多有。故聖人云﹕「我無為,而民自化;我好靜,而民自正;我無事,而民自富;我無欲,而民自樸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*