老子超訳(第五十八章)

名称未設定

政治がおおらかで寛大であると、人民は純朴で誠実である。
政治が細かくて厳しいと、人民は狡猾で不誠実である。

災禍には幸運がそこによりそっていて、幸運には災禍が裏に潜んでいる。
誰がこの循環の終局を知っているものがいるのだろうか。
確実に正しく判断できるものはいないのだ。
正しいというものはいつでも異常なものに変わり、善はいつでも邪悪なものに変わる。
このことで、人々が迷い続けているのは、遠い昔からのことだ。

こうしたわけで『道』に在る聖人は、
方正でいても、それによってガチガチに固くならない。
廉潔でいても、それによって人を傷つけたりしない。
正直でいても、それによって無遠慮にはならない。
輝いていても、それによって派手にきらびやかでない。

 

 

原文

其政悶悶,其民淳淳;其政察察,其民缺缺。禍兮福之所倚,福兮禍之所伏。孰知其極﹖其無正。正復為奇,善復為妖。人之迷,其日固久。是以聖人方而不割,廉而不劌,直而不肆,光而不燿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*