老子超訳(第五十九章)

名称未設定

人を治めて天に仕えるには、全てにおいて無駄なくつつましくあること、すなわち「嗇」が大切です。
無駄なくつつましくあるからこそ、余計なことをせずにすぐさま『道』に従うことができるのです。
すぐさま『道』に従っているなら、それは「徳」を積んでいることなのです。
「徳」を積んでいるなら、いつも全てに勝っていることになるのです。
いつも全てに勝っているなら、その力は無限なのです。
その力が無限なら、国家を維持管理していくことができるのです。
国家を維持管理していくための根本、つまり、つつましくあることによって国家は永久に存続できるのです。
これが、根本がしっかりとしていると、いつまでも『道』に生きられることだと言えるのです。

 

 

原文

治人事天,莫若嗇。夫唯嗇,是謂早服;早服謂之重積德;重積德則無不克;無不克則莫知其極;莫知其極,可以有國;有國之母,可以長久;是謂深根固柢,長生久視之道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*