老子超訳(第六十章)

名称未設定

大国を治めるには、小魚を煮るように、あまりかきまわさずにするのが良いのだ。
よけいな手出しをするとうまく行かない。

『道』に在って、無為自然に世界を治めていれば、否定的なものも働くことがないのだ。
無為自然であれば,よけいな力が現れ混乱を起こすこともない。
否定的なものが働くことがないだけでなく、もしその働きがあっても、それは人を害することもないのだ。
その否定的な働きが人を害することができないだけでなく、もちろん聖人の政治も人を害することがない。
どちらも害することがないから、皆が知らず知らず『道』の恩恵にあずかることができるのだ。

対立するものどちらもが恩恵にあずかる、それが『道』なのだ。

 

原文

治大國,若烹小鮮。以道蒞天下,其鬼不神;非其鬼不神,其神不傷人;非其神不傷人,聖人亦不傷人。夫兩不相傷,故德交歸焉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*