老子超訳(第六十二章)

名称未設定

『道』はあらゆるものの奥深くに隠れていて、全てに浸透しているのです。
誠実な人はそれを大切なものと尊重して生きていますが、そうでない人もそれによって守られているのです。
言葉が良ければ人々から尊敬されるし、行いが良ければ人々上に立つようになるのです。
たとえ『道』から外れている不誠実な人でも、『道』は決してその人を見捨てることはないのです。

天子の即位や大臣の任命のときに玉や馬車を献上することよりも、『道』のことを教える方がよいのです。

遠い昔から『道』は人々から尊ばれてきました。
その理由は、『道』に在れば求めればすぐ得ることができ、『道』に在れば罪があってもそこから解放されるからなのです。
それだから、世界中で最も尊いものとされているのです。

どんなものを与えるよりも、『道』に在ることを教える方がよいのです。
『道』に在ることは、結局は、すべてを得る(すべてになる)ことなのです。

 

原文

道者萬物之奧。善人之寶,不善人之所保。美言可以市,尊行可以加人。人之不善,何棄之有。故立天子,置三公,雖有拱璧以先駟馬,不如坐進此道。 古之所以貴此道者何。不曰﹕以求得,有罪以免邪。故為天下貴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*