老子超訳(第六十五章)

スクリーンショット_2015_01_13_23_38

『道』をしっかりと実践した昔の人は、人々を聡明にしたのではなく、逆に人々を愚直にしたのだ。
人々が混乱して治めにくいのは、かれらに知識が多すぎるからだ。
だから、知識を用いて国を治めるのは、国を害することになる。
知識を用いないで国を治めるのは、国にとって幸いをもたらすことになる。
この二つのことをわきまえるていることが人々を治める原則である。
いつでもこの原則をわきまえていること、これを深遠な徳、「玄徳」とよぶ。
この「玄徳」は底知れぬ深く、果てしなく広い。
一見、もののあり方とは反しているようにみえるが、
これによって最高の調和にゆきつくのだ。

 

原文

古之善為道者,非以明民,將以愚之。民之難治,以其智多。故以智治國,國之賊;不以智治國,國之福。知此兩者亦稽式。常知稽式,是謂玄德。玄德深矣,遠矣,與物反矣,然後乃至大順。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*