老子超訳(第六十六章)

スクリーンショット_2015_01_16_0_54

大河や海が多くの河川の水を集めて王者になれるのは、それらが十分に低い位置にありへりくだっているからだ。
だから多くの河川の王者になれるのだ。
こうしたわけで、統治者が人々を治めようとすれば、かならず謙虚な言葉を用いてへりくだり、人々の先に立ちたいと望むなら、かならず自分のことを人々の後ろに置かなければいけない。
こうしたわけで、聖人は統治者として人々の上にいても、人々はそれを重荷とは思わず、人々の前に立っていても、人々はそれを邪魔だとは思わない。
こうしたわけで、世界中の人々は喜んでかれを推戴して、誰も嫌がることがない。
聖人は人と争わないから、だからこそ世界中にかれと争って勝てるものがいないのだ。

 

原文

江海所以能為百谷王者,以其善下之,故能為百谷王。是以欲上民,必以言下之。欲先民,必以身後之。是以聖人處上而民不重,處前而民不害。是以天下樂推而不厭,以其不爭,故天下莫能與之爭。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*