老子超訳(第六十七章)

スクリーンショット_2015_03_11_0_06

世界中の人々は言う、わたしの『道』は広大であるけれど、実際的なものではない、と。
そもそも広大であるからこそ、どんな実際的なものからも離れているのだ。
もしそれが何か実際的なものであるならば、とっくに小さなものになっていただろう。

私の『道』には三つの宝があり、それをたいせつに守り続けている。
その第一は「慈しみ」、
その第二は「つつましさ」、
そして第三は世界の先頭に立とうとはしないという「謙虚さ」だ。

「慈しみ」があるからこそ、勇敢になることができる。
「つつましさ」があるからこそ、余裕ができゆったりとすることができる。
「謙虚さ」があるからこそ、ものごとの長となれるのだ。

「慈しみ」によらないで勇敢になろうとし、
「つつましさ」によらないで余裕を持とうとし、
「謙虚さ」によらないで先頭に立とうとするなら、
その結末には滅亡があるだけだ。

「慈しみ」、
それによって人々の信望を得るから、
戦えば勝利し、まもれば堅固になる。
天も人を助けるときには、やはり「慈しみ」によって守るのだ。

 

原文

天下皆謂我道大,似不肖。夫唯大,故似不肖。若肖,久矣其細也夫﹗我有三寶,持而保之。一曰慈,二曰儉,三曰不敢為天下先。慈故能勇;儉故能廣;不敢為天下先,故能成器長。今舍慈且勇,舍儉且廣,舍後且先,死矣﹗夫慈以戰則勝,以守則固。天將救之,以慈衛之。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*