老子超訳(第六十九章)

スクリーンショット_2015_03_17_1_16

戦術について言われていることがある。
「私は自分から攻めようとはしない、むしろ守りの姿勢をとる。
少しも進撃しようとはしないで、むしろ大きく後退する」と。

これは、
並べる陣営がなく
振り上げる腕がなく、
向かう敵がなく、
用いる武器がない、
ということだ。

敵をみくびることほど大きな禍いはない。
敵をみくびれば、慈しみ、つつましさ、謙虚、という私の「三つの宝」を失うことになるだろう。
だから、二つの軍隊が戦う時、
慈しみをもっている方が勝利をおさめるのだ。

 

原文

用兵有言﹕「吾不敢為主而為客,不敢進寸而退尺。」是謂行無行,攘無臂,扔無敵,執無兵。禍莫大於輕敵,輕敵幾喪吾寶。故抗兵相加,哀者勝矣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*