老子超訳(第七十一章)

スクリーンショット_2015_03_28_0_26

真の知とは、自分がなにも知らないということだ。
知らないことを知っているというのが、人の欠点である。
欠点を欠点だと考えるからこそ、それによって欠点がなくなるのだ。
聖人には欠点がない。
かれは欠点が欠点だと考えているから、
それによって、欠点がないのだ。

 

原文

知不知上,不知知病。夫唯病病,是以不病。聖人不病,以其病病,是以不病。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*