老子超訳(第七十二章)

スクリーンショット_2015_03_28_14_18

人々が為政者の権威を恐れることがなくなると、
世の中は乱れて天の罰によって崩壊するだろう。
人々が安住して住めないほど圧迫してはならない。
人々が生計を立てることを邪魔をしてはならない。
そもそも、圧迫しなければ、人々は圧迫されたとは感じないのだから。

それゆえ、「聖人」は、
自らの明智を知りながらも、それを表そうとはしない。
自らを愛するが、それを貴いとは言わない。
だから、
自らを表すこと、自らを貴ぶことを捨てて、
自らを知ること、自らを愛することを選ぶのだ。

 

原文

民不畏威,則大威至。無狎其所居,無厭其所生。夫唯不厭,是以不厭。是以聖人自知不自見;自愛不自貴。故去彼取此。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*