老子超訳(第七十三章)

スクリーンショット_2015_03_30_20_34

何ものをも顧みないで勇敢であると、殺されるだろう。
進んではしないように勇敢であれば、生きられるだろう。
同じ勇敢であっても、一方は利があり他方は害がある。

天が何を嫌うかなど誰が分かるだろうか。
だから、聖人でさえもそれをはっきりと言いにくいのだ。

天の『道』は、
争わずにうまく勝ち、
ものを言わずにうまく答え、
呼び寄せることなしに、ひとりでにやって来させ、
ゆったりとしているがうまく計画を立てる。

天の網はきわめて広大で、
その目はあらいが、なにものをも漏らさない。

 

原文

勇於敢則殺,勇於不敢則活。此兩者,或利或害。天之所惡,孰知其故?是以聖人猶難之。天之道,不爭而善勝,不言而善應,不召而自來,繟然而善謀。天網恢恢,疏而不失。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*