老子超訳(第七十四章)

スクリーンショット_2015_05_04_18_46

人々が死を恐れないときに、どうして死によって彼らをおどすことができるのか。
もし人々がいつも死を恐れているとすれば、秩序を乱す者が現れたら、わたしはそれをとらえて殺すこともできる。
しかし、そんなことを誰があえてするのか。
そんなことをしなくても、いつも自然の摂理として人の生命を終わらせるものがいて、それが人を殺すだ。
そもそも、自然の摂理に代わって人を殺すのは、
腕のよい大工に代わって木をきるようなものだ。
腕のよい大工に代わって木をきると、たいていは自分の手を傷つけてしまう。

 

原文

民不畏死,奈何以死懼之。若使民常畏死,而為奇者,吾得執而殺之,孰敢。常有司殺者殺。夫代司殺者殺,是謂代大匠斲,夫代大匠斲者,希有不傷其手矣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*