老子超訳(第七十六章)

柔弱處上

人が生まれたときは、その身体は柔らかくて弱々しいが、
死ぬときには、硬く強ばる。
万物は草木のように生きているときに枝や幹は柔らかくもろいが、
死ぬときには、干からびて硬くなる。
だから、
硬く強ばったものは死の仲間であり、
柔らかく弱いものは生の仲間である。
このため、
軍隊は堅固で強いほど、かえって破られ、
枝は堅固で強いほど、かえって折れる。
ものごとはすべて、
堅固で強いものが低いところにあり、
柔らかく弱いものが高いところにある。

 

原文

人之生也柔弱,其死也堅強。萬物草木之生也柔脆,其死也枯槁。故堅強者死之徒,柔弱者生之徒。是以兵強則不勝,木強則兵。強大處下,柔弱處上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*